WEBライターとして稼ぐ!リアルな実情とその他雑記ブログ

WEBライターとして稼いでいる管理人が、ライター業のコツなんかを語っています。

在宅WEBライターをはじめてどのくらいで稼げるようになったのか、詳しい期間と報酬額

ざいたf:id:webwriterkun:20161110183420j:plain

コネも経験もお金もないまま、クラウドソーシングに登録して在宅WEBライターになった私。

 

初心者がいきなりライターになって、ぶっちゃけ稼げるの?私も最初は半信半疑、というか内職程度にしかならないだろうなと思っていました。そこで今回の記事では、未経験ライターが急にライターデビューして、実際に稼げるようになるまでの期間とその報酬額を包み隠すことなくお教えしたいと思います。

 

ライターになりたてのころ、私が登録したクラウドソーシングは以下の2つ。コネもないので、クラウドソーシングから仕事を持ってくるしかなかったのです。

 

 ↓クラウドワークス

 ↓ランサーズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

クラウドワークス、ランサーズでライタースタート!

f:id:webwriterkun:20161110183444j:plain

お仕事はこの2つのクラウドソーシングのみで探しました。両方ともタスク案件、プロジェクト案件の2種類があります。タスク案件は、本当に内職って感じで単価も安いのですが、初心者でもすぐにお金を稼ぐことができるというメリットがあります。

 

最初の数週間はタスク案件をこなして、文章を書くことにとにかく慣れていくようにしました。それまでまとまった量の文章を書く機会がなかったので、最初は400文字書くのもそこそこ労力がいるという状態。

 

ましてや1000文字なんて、初心者時代には書けるなんて思ってもいませんでした(汗)

 

いくつかタスク案件に挑戦しながら、プロジェクト案件も並行して入札していきました。タスク案件はすぐ仕事ができて、後日承認してもらうシステムですが、プロジェクト案件では最初にクライアント様がサイト上に求人をだします。

 

そこで「私、書けます!」という内容の推薦文を送って、採用された人だけが書く権利をゲットできるわけです。初心者で何の実績もないうちは、ライバルたちに仕事を奪われてしまいます。

 

しかし、経験談とかレビューみたいな案件だと、初心者でもプロジェクト案件で仕事をとることができます。なので私も最初は体験談の記事をゲットしていきました。

 

ライター業1か月目の報酬

f:id:webwriterkun:20161110183500j:plain

1か月後の私の報酬額は…約3万5千円でした!!

 

少なっ!って思いました??

まあ、バイトに比べると安いですよね。でも、労働時間がそんなに多くなかったんです。週5時間も働いてなかったんじゃないかと思います^^;私自身、様子見でしたし、本当に怪しいクライアントさんとかいないかどうか、びくびくしてましたし。

 

幸い、とてもいいクライアントさんばかりで、ライター1か月目で1文字1円の仕事をとることができました。その時の仕事は、継続受注が決まり、翌月からは1文字1.5円になり、3か月後からは1文字2円になったんですよね。

 

私は30分で1000文字かけるので、1文字2円の仕事だと、時給換算すると4000円になります。そこらへんのバイトよりかなり高時給です。なので最初の1か月目はそんなに稼げなくても、実は2、3か月目にはもうパートやバイトの給料を超えることになるのです!!

 

ライター業2か月目の報酬

f:id:webwriterkun:20161110183754j:plain

ライター業2か月目は…約7万5千円稼げました!

 

初月の2倍以上になりました。これはうれしかったです。あと一息でパートの月収を超えるという額だったので。この月は偶然1文字2円という高単価の案件をとることができ、かつ文字数が多かったので助かりました。

 

1か月目の中ごろから1000文字を超える分量でも書けるようになり、2000文字程度なら書けるようになっていました。2か月目に入ると、8000文字の記事でも書けるようになりました。

 

最初から1文字2円という高単価案件は、そのあとで修正依頼が来るので時給換算するとちょっと安くなってしましますが、まあ良しとします。

 

ライター業として安定的に稼ぎたい人は、早い段階で継続受注の案件をゲットしてくと、そのあとの収入の把握がしやすくなりますよ。

 

ライター業3か月目の報酬

f:id:webwriterkun:20161110190710j:plain

 

 ライター業3か月目は、10万円超えるといいな~と思って取り組みました。結果は9万円でした!!うん、おしい!

 

この月は国家資格取得の勉強中で、仕事を10日ほどセーブしていました。セーブ期間がなければ10万円超えていただろうな~って思います。

 

でもパートで働いていた時より少ない労働時間で、好きな時に好きなことができるという自由な生活なのに、パートの月収を超えることができました。

 

パートや正社員は、朝9時から17時までというふうに勤務時間が決まっているので自由じゃないですよね。その点フリーライターは好きな時に働いて、好きな時に休めるのでかなり融通の利く職業だと思います。

 

このとき私は継続受注を3件持っていて、1文字1円のもののあれば、2円のものもあるし、0.5円のもののありました。あとは単発の仕事が取れたので、ここまで稼ぐことができました。

 

ライター業4か月目の報酬

f:id:webwriterkun:20161110190556j:plain

ライター業4か月目こそは10万円超えるぞ~と意気込んで仕事をスタート!結果はなんと…20万円越え!!

 

はい、正社員時代の月収超えました!

 

この月から正確な労働時間をはかり始めたのですが、月124時間労働で月収20万円を超えていました。パートで働いていたときは120時間労働で月収10万円。正社員のときは200時間で月収20万円弱だったので、ライター業のほうがいいじゃん!という結果になりました。

 

ここまで稼げるようになるとは、本当にうれしかったです。ちなみにライター業の労働時間にはクライアント様とのメールやり取り、仕事探しの時間も含めているので、実際書いていた時間はこれよりかなり短くなります。

 

本当に高単価案件になると、時給5000円とか8000円くらいのものもあるのでパートよりいいですね。

 

4か月目になると、経験値も上がりますし、評価や実績もついてきだしたので、仕事がとりやすくなるんです。たった4か月しかやっていなくても「そこそこ実績のある人」扱いです。4か月前までは、ただの専業主婦だったんですけどね^^;

 

まとめ

ライター業も3、4か月続けると、そこら辺のバイトより稼げます。自分の好きなように時間が使えるので、正社員やパートよりも楽です。最初は内職程度にしか稼げないと思ってたんですが、やってみると意外と稼げるという結果に。

 

今回の記事ではライターとして稼げるようになるまでの期間と実際の報酬額をご紹介しました。仕事をとるためのコツなんかも今後ブログではご紹介していきますね!

 

 

webwriterkun.hatenablog.com