読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WEBライターとして稼ぐ!リアルな実情とその他雑記ブログ

WEBライターとして稼いでいる管理人が、ライター業のコツなんかを語っています。

ブルーライトカットメガネやフィルムなしでもできる!目の疲れをとる方法

f:id:webwriterkun:20161113183959j:plain

 

パソコンを長時間していると、目の疲れや充血が気になってきますよね。私もライターをやっているので、1日何時間もパソコンに向かうため、眼精疲労は深刻な問題です。仕事でパソコンを使う人は、やめたくてもやめられないのが現状。一方、目の疲れをとりたいとも思います。

 

最近は、目を疲れにくくするため、パソコン用のブルーライトカットメガネやパソコンに貼るブルーライトカットフィルムが売られていますよね。ああいうものを使うのもいいんですが、実は無料で同じほど効果のでる方法があるってご存知ですか?

 

パソコンの設定を変えるだけで目の疲れを軽減

やることは簡単なパソコン設定変更だけです。時間もお金もかかりません。ここではWindowsのパソコンを例に設定方法をご紹介します。

1、デスクトップ上でグラフィックプロパティを開く

デスクトップ上の何もないところで右クリックをしてみてください。こんなメニューが開きます。

f:id:webwriterkun:20161113184236p:plain

そこで「グラフィック プロパティ…」の項目を選択します。

私の使っているパソコンではこのようなページが開きます。ここで「ディスプレイ」を選択します。

f:id:webwriterkun:20161113184340p:plain

 

 2、「色設定」を選択f:id:webwriterkun:20161113200519p:plain

「色設定」を選択するとこのような画面に変わります。そこで「色調整」のなかから「青」を選択してみてください。

初期設定では、明るさが0、コントラストが50、ガンマが1.0になっています。

 3、「明るさ」をマイナスに変更する

f:id:webwriterkun:20161113200913p:plain

0になっている明るさをマイナスに調整してみてください。私は−50にしていますが、お好みでどうぞ。この作業だけで、画面全体の青さがなくなったと感じると思います。作業はこれで完了です。はじめは違和感があるかもしれませんが、目にやさしい色あいになったと感じることでしょう。
 
 この設定方法なら、合わないと思えばいつでも元に戻したり調整することができますし、ブルーライトカットメガネやフィルムを買わなくても、今すぐ無料でできます。
 
眼精疲労でパソコン作業がつらいという方は、ぜひ試してみてください。
 
ちなみに私は、上記の設定にしたうえで、ブルーライトカットメガネをかけて作業しています(笑)度入りのブルーライトカットメガネもありますが、私はこのような↓今持ってるメガネに取り付けられるやつを使っています。
 
 
 
 
在宅ライターなので、見た目はどうでもいいや~って思って、これにしました。パソコンを使うときだけつければいいので、日常生活にも支障がなく便利です。
 
パソコンのブルーライト軽減設定と、このブルーライトレンズというダブルの効果で、ずいぶん眼精疲労が和らぎました。